展示 info

荒井眞治写真展「ライブな日々」−サイアノ・紅茶・ほうれん草−

20121029-20121116

2012年10月29日(月)〜11月16日(金)

荒井眞治コメント(mixiより転載):
写真の内容は、最近見に(聞きに)行ったライブのミュージシャンの紹介です。
同時代に一生懸命音楽やってる、素晴らしい連中がいます。
そのライブが面白くて、楽しくて、辛くて、感動して…
ライブに通う日々が続いています。
そんな中で、僕がどうしても紹介したいという人を12名(組)選んで、展示します。
過去に紹介した人は今回は展示しません。
メジャーな人もあえて入れませんでした。

2012年現在、社会も写真も音楽も、文化も、閉塞、困ったところに追い込まれているように感じます。
それを打ち破る力を持った文化が、一生懸命やってるミュージシャンの音楽のように思えてなりません
そのミュージシャンの生き方を含めてそう思います。
そんなミュージシャンに敬意を払い、共感を表明するものです。

写真展会場では、そのミュージシャンのCDなども置いてもらいます。
聞くことができます。

プリントの技法が今回のウリです。
(内容に合っていると思ってます)

和紙にサイアノ(青写真)の薬液を塗ります。
A3ノビサイズのデジタルネガ密着でサイアノプリントを作ります。
そのサイアノを紅茶で調色します。
さらに、「ホウレン草のゆで汁で色を整えます」。

この「ホウレン草のゆで汁で色を整える」というやり方は、自分で考えました。
(少なくとも聞いたことはありませんでした)
ホウレン草のゆで汁にはシュウ酸が溶け出ます。(ゆでるのはそのため)
それが紅茶調色の色を整えます。

紅茶調色をするため、サイアノをアンモニアなどで漂白しますが、その時漂白が多いと、色が薄くなります。
漂白が少ないと色は濃いですが、青が残ります。
濃い色と青の調整のためホウレン草のゆで汁を使います。

本当は予想していた結果とは少し違うのですが、とても面白かったので、発表することにしました。

会場には、過去に展示した鶏卵紙のプリントも参考までにファイルしておきます。
僕が在廊している時間ならいくらでも技法は説明します。
連絡いただければ、出来る限り在廊します。

みなさん来てください!

うちわ展

20120804-20120831

8月4日(土)〜

伊澤香織、櫻井和也、深田絵理、與倉豪

太田典子展 (彫刻・鉄)

20120623-20120721

6月23日(土)〜7月8日(日)

Noriko Ota on Facebook

写真展「オグラ −次の迷路へ−」vol.3

20120414-20120430

(インチキ手廻しオルガンミュージシャン)

4月14日(土)〜4月30日(月)
撮影:荒井眞治

妃香利 絵画展「 太陽のさんぽみち 」

20120325-20120408

3月25日(日)~4月8日(日)

 

作品紹介・プロフィール:
妃香利 – hikari.tokidoki – (facebook)
http://www.facebook.com/art.hikari

2/4〜2/19「塚田広作品展」(ミクストメディア)

20120204-20120219

2月4日(土)〜2月19日(日)

「田舎に引っ込んで早九年、すっかり一介の契約教師となっていましたが、震災が縁で職を得て、このたび西に旅立つことになりました。作品は白と黒の抽象です。何が白で何が黒かなんて、どっちに立ってるかっていうだけの違いです。そんな作品を目指しています。」

2/25〜3/11 GUAMS卒業展「アルコール・アンコール」

20120225-20120311

2月25日(土)〜3月11日(日)

*初日は19:00〜(オープニングパーティあり)

お酒をテーマにした13人の作家の作品展
粟千紗都・石崎未来・国井みひろ・佐藤智仁・佐藤則友・神上晴行・鈴木麻美・瀬下梓・高崎友里香・出羽未典・友成哲郎・長嶋由季・宮間夕子

12/17〜12/25「佐藤智仁 図解画展〜ギフト」

20111217-20111225

12/17(土)〜12/25(日)

12/3〜12/16 グループ展「Art Track 〜みみをすませば〜」

20111203-20111216

12/3(土)〜12/16(金)
粟千紗都・高崎友里香・鈴木麻美・池田菜摘・細島雄大

出展者作品 (先頭から 粟千紗都・高崎友里香・鈴木麻美・池田菜摘・細島雄大)

11/14〜12/2 三人展 井上宇史・齋藤悠紀・楯とおる

20111114-20111202

若手“イケメン”作家3人の作品を11月14日より展示しています。

on iTunes

    comy on twitter